情処試験【システムアーキテクト】午後Ⅰ対策 #1 人材像

システムアーキテクトは、

「業務とITのグランドデザイナー」

情報処理技術者試験で大切なことは、試験区分ごとに受験対象の対象者像(人材像)が決められていることを理解することです。

IPAのホームページにはその人材像が書かれていますが、試験区分全体を俯瞰できるものがないので、人材像のおおよその概要と関係を下の図にまとめました。

ブログ-01-01人材像.png


この図をみて、他の試験区分の人材との位置関係にとともに、
システムアーキテクトの人材像について他の人材像との位置づけを理解しましょう。

はじめに、企業で開発され、運用される情報システムの、位置づけを確認します。
情報システムは、様々な目的で導入されます。
情報システムは、効率化、業績向上、業務改善などの経営戦略をITで実現するためのものです。

その経営戦略に基づき、ITシステム導入の基本戦略を立案し、推進するのが、ITストラテジストです。

ITストラテジストが立案した戦略に沿ってシステム開発のプロジェクトが構成され、そのプロジェクトの計画立案、計画を遂行するためのリソースの確保、品質、納期、コストを遵守するためのマネジメントをおこなうのがプロジェクトマネージャーです。

システムアーキテクトは、要件定義、要件を実現するための、アーキテクチャ設計を行い、開発チームをリードします。

システムアーキテクトは、「業務とITのグランドデザイナー」と書かれているとおり、業務要件からシステムのアーキテクチャ設計、基本設計を行います。
「開発チームをリード」と書かれているので、プロマネのマネジメントのもと、開発チームのリーダー役が求められていることがわかります。

システムアーキテクトの人材像をIPAでは次のように書いています。

システム開発の上流工程を主導する立場で、

豊富な業務知識に基づいて、的確な分析を行い、業務ニーズに適した、

情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す。


なかなかの人材像ですよね。


SEの皆さん、今、大変な時期だと思いますが、その中でこのブログをご覧いただきありがとうございます。

そして、春の情処試験の受験予定の皆さん、これからもTerryの部屋でおせっかいSEが受験対策情報をアップしますので、

今後ともよろしくお願いします。

このページの動画はこちらです。https://youtu.be/FQcvPBzuqFw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント